今も昔もテレビ好き! 現在放送されているテレビ番組を中心に、時には昔放送されていたテレビ番組を振り返ってご紹介することもあるなど、私による独断と偏見でお送りしているブログです
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2017年01月14日 13時57分22秒 更新

2017年 あけましておめでとうございます! 記事始めはカラオとカラコの辛口トークからスタート!

私のブログをお読みくださっているみなさん。

2017年 あけましておめでとうございます!

本当は新年を付けたかったんですが、2017年も1月を迎え、すでに14日の松の内になってしまったので、さすがに省略することにしたのでした。

それはともかく、昨年このブログを開設して以降、この記事が最初の記事始めとなりました。

2017年も、またこうしてみなさんと無事にお正月を迎えられたことをとてもうれしく思っています。^^

さて、旧ブログでは、 私による大晦日から1月1日~1月3日にかけて見たテレビ番組の記事が、記事始めの記事として書いたことがありました。

そこでこのブログでも、その習慣を継承する意味で、2016年の大晦日から、2017年1月1日~1月3日まで見たテレビで、印象に残ったテレビ番組をいくつかピックアップし、ご紹介してみることにしました。

とその前に、カラオとカラコからの今年最初のごあいさつからまいりましょう。

この記事をお読みくださっているみなさん、あけましておめでとうございます、カラオです。
 今年もまたテレビ好きさんからの要望に応じて「カラオとカラコ」のカテゴリを通じ、テレビについて辛口のトークを娘のカラコと一緒にくり広げていきたいと思っています。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


あけましておめでとうございます、カラコです。
 お父さんと同じく、今年もまたテレビ好きさんからの要望に応じ「カラオとカラコ」のカテゴリを通じ、テレビについて辛口のトークをカラコと一緒にくり広げていきたいと思っています。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


まずは大晦日から1月1日の番組からピックアップしていました

まず、記事始めの最初となるのは私ことテレビ好きで、2017年12月31日に放送された第67回「NHK紅白歌合戦」からです。

でも、あくまでもじっくりとではなく、主な番組として見ていた「Cygames presents RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/FinalROUND」がCMに入ったときなどにちょこちょこ見ていたんですけどね(初笑)。

そんな状態で紅白を見ていて思ったのは、まあこれといったサプライズがない、シュールな紅白だったように感じたのでした。

せっかくスペシャルゲストとしてタモリさんとマツコ・デラックスさんが出演していたのに、審査員席どころか、ステージにも一度も登場しないままで終了。

いくら寸劇だったとしても、紅白が始まってから50分すぎまでNHKホールの中に警備員が入場を拒んでいた場面はかわいそうに思えたのでした。

紅白の中で、唯一存在感を示していたのは、NHKのニュース番組「ニュース7」のキャスターでおなじみ、総合司会の武田真一アナウンサー。

その武田アナが、昨年大ヒットの映画「シン・ゴジラ」とのコラボ企画では、X JAPANの「紅」の曲を紹介する際、自らゴジラ襲来をリポートし、

♪アイ・ハブ・ア・マイク、アイ・ハブ・ア・ゴジラ…ゴジラマイク!

と、ピコ太郎さんの「PPAP」をパロディーで歌っていたではありませんか!

「ニュース7」のキャスターとして「NHKの報道の顔」を務めるだけに、これは視聴者の間では賛否が分かれるかもしれないと思えたのでした。

賛否が分かれるといえば、私としては白組が優勝すると思っていたら紅組が優勝したことで、これもネット上では「なぜ白組じゃないんだ!」「審査方法の基準がわからない」といったことで話題となっていましたね。

ちなみに、カウントダウンの年越しはフジテレビの「ジャニーズカウントダウン2016→2017」で迎えたのでした。
もしサプライズでSMAPが登場するとしたら、大晦日のこの番組になるかも…! と密かに期待していたんですが、さすがにそれはありませんでしたね(初笑)

カラオとカラコの辛口トーク 1月1日に放送されたお正月特番から印象に残った番組について

それでは、ここからは、私はもちろん、カラオとカラコのお2人も見たお正月特番で印象に残った番組をいくつかピックアップしつつ、1月1日の番組より辛口(お正月なので一部は甘口?)で語っていただくことにしましょう。


【1月1日】


「ぐるぐるナインティナイン おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP」



また、年明け恒例のおもしろ荘が放送されたね。

ここ数年は、「ジャニーズカウントダウン」を途中まで見てからおもしろ荘を見るのが我が家の恒例となっているわね。

今回のおもしろ荘はオーディション参加数過去最多859組。
 その中で、おもしろ荘に出演するために合格した10組の若手芸人がネタを披露したうち、初登場の芸人は8組で、テレビ初登場の芸人もいたそうだ。


出演していたお笑い芸人の中で面白かったのは、優勝したプルゾンちなみという女性の「キャリアウーマン」というネタ。

最初見たとき、ネタを男性と2人でやっていたことから、あの2人の男性も含めてブルゾンちなみという名前の3人組でやっているのではないかと思っていた。

実際は後輩芸人のブリリアンという芸人となってたわよね。

あと、個人的に面白かったのはペンギンズという男性2人のコンビだ。

黒い服のほうが吉間(吉間洋平)という今年40歳になる苦労芸人で、もう1人のアロマシャツっぽい服の男性はナオって言ってたわよね。

兄貴漫才っていう設定からして面白く感じたが、ネタも面白かった(笑)。

ペンギンズで面白かったといえば、ナオのしゃべり方が安田大サーカスのクロちゃんがに似ていたところもそうだったわよね。


「祝50周年! 初詣ヒットパレード2017」 


いやー、50周年とはいえ、今回の初詣ヒットパレードの放送時間は長かった。

何しろ番組内容には、「話題の芸人から大御所まで、賑々しくめでたい50年続く生放送! 爆笑ネタ&爆笑トーク&爆笑中継」とあったからね。
 それも、単にお笑い芸人が登場してネタを披露するだけでなく、要所要所で独自の企画があったわね。


そうだな。
 さすがに初詣ヒットパレードがスタートした朝7時は起きられなかったので、後でネットニュース等を見てみると、まず、司会を務めるナインティナインの岡村隆史の生放送による謝罪から始まったそうだ。


岡村というと、昨年の12月29日に自動車事故を起こしていたからね。
 さすがに、NONSTYLEの井上のように当て逃げはしなかったけれど、車を運転中に、60歳の男性と接触する事故を起こしていたそうよ。
 幸いにも男性は軽傷だったということで、岡村も「初詣ヒットパレード」の生放送に出ることができたんだと思う。


俺的に、初詣ヒットパレードで、芸人たちのネタ以外に面白かったのが「やっちまった芸人大集合 出直し書初め中継2017」。

昨年の2016年に「何かしらやっちゃった芸能人」を突撃して、新年を出直しを誓って書き初めに挑むいう通し企画だったわよね。

1人目の「芸能界を代表する元ビッグカップル/セクシービデオに転身」と聞いたとき、俺はてっきり坂口杏里が登場するのかと思った。

実は私も…(笑)。
 でも、さすがにそれはなく、坂口さんの元彼氏であるバイきんぐの小峠英二が登場してたわね。


書き初め企画の後海外に行くということで、小峠はシルバーのキャリーバックを持っていたな。
 それに、小峠が書き初めで書いた「忘」の一文字は、小峠が言っていた「いままではスベったことを反省していたが、これからは忘れるようにしようと思った」以外に、坂口杏里のことも含んでいたのでないかと、実に意味深なものを感じた。



「ワイドナショー元旦SP」


初詣ヒットパレードについてはこの後でも触れるとして、ワイドナショー元旦SPも面白かったな。

何よりも、ベッキーだけでなく乙武洋匡が元旦早々からゲストで出ていたのには驚いた。
 昨年、ワイドナショーの出演者が乙武の自宅を訪問し、インタビューしたことがあったが、今回ゲストで出演したのはそれがきっかけだったかもしれないわね。


ベッキーというと、俺としては「LINEのお年玉」のCMでナレーションを務めていた以外は、まだテレビには出ないかもしれないと思っていた。
 でも、ベッキーといえば、12月28日に放送されたテレビ朝日のバラエティ特番「朝昼夜帰れま10トライアスロン」の昼のマクトナルドのとき、サプライズで出演していたのを見たことがあった。
 しかも事前告知なしのサプライズ出演だったことで、ネットでは話題となっていたそうだ。
 あれを見たとき、あぁ、ベッキーはこの番組をきっかけにテレビに完全復帰したんだなと思った。



「祝50周年!初詣ヒットパレード2017」


お昼から放送された初詣ヒットパレードでは、志向を変えて「俺のヒットパレード2017年」となっていたな。

総合司会のナイナイはそのままに、ゲストに今田耕治を迎え、日本中に眠っている、ブレイク必至の原石を発掘するということで今年も開催されたわね。
 テレビ好きさんからの情報によると、プレゼンテーションされた人は次の4つとなっていたそうよ。


・今田耕司がドハマリした透明感抜群の美女 本郷杏奈
・沖縄・福岡で発掘!次世代りゅうちぇる中学生 ビリまゆ&そそ
・アドリブ力抜群の天才子役 稲垣来泉
・七色の涙を流すカメレオン子役 高橋來


せっかくブレイク前の原石として紹介されたんだから、このうち、誰か1つでもブレイクするといいね。

4つ全部は難しいとしてもね。

ほかにも、「当たりすぎて怖い 2017年の運気をアップ!最強占い師軍団」のコーナーでは、島田秀平とアポロン山崎のほか、シウマという名前の男性占い師も登場。
 琉球風水の使い手でもあるらしいが、シウマという男性占い師が紹介した、携帯電話の下4桁の数字をそれぞれ足した合計で占うやり方が興味深かった。


この方法によると、お父さんは「15」となってたわね。

そう。
 番組では1~36までの一覧とその意味も表示されていたが、録画が間に合わなかったので、とにかく俺の携帯電話の下4桁の数字でもあった15だけを確認してみた。
 すると、「人脈・絶好調・家庭運・金運」となっていた。


この15の数字は、ナイナイの岡村も同じだったと本人が言ってたわよね。


「新春鶴瓶大新年会2017」


去年までこの時間帯は新春恒例の特番で「さんタク」が放送されていたんだよな。

そうそう。
 私も「さんタク」は、明石家さんまと、元SMAPとなった木村拓哉が出演の毎年恒例のお正月特番として毎年楽しみにしていたんだけど、SMAPの解散により2016年度の放送が最終回となったことで、とても残念に思っている。


そこで6年ぶりに「鶴瓶大新年会」が復活したわけだな。
 でも、6年ぶりの復活とあったが、果たして「6年前にこんな番組ってあったっけ?」と思えたくらい、いまでは中堅、あるいはベテランともいい芸人たちが体を張るゲームが多かったように思える。
 鶴瓶軍のキャプテンであった笑福亭鶴瓶もかなり体を張っていたからな。


しかもウッチャンナンチャンの南原清隆率いる南原軍VS鶴瓶軍という対抗戦となっていたわね。

「鶴瓶大新年会」の対戦内容については、テレビ好きさんが以下のように紹介していたぞ。

【対戦内容】
第1回戦「お年玉たらいキャッチ」
頭上から降ってくるタライ(ドリフのコントでよく見るタイプではなく小さ目の)をキャッチして、キャッチしたタライの数が多い軍の勝利。

第2回戦「ぴったり10秒ジャンプ」
挑戦者は目隠しをした状態で立ち、時計を見ずに10秒をカウントして、10秒のところでジャンプをし、足元にあるスネ打ちマシーンの回転からよける。

第3回戦「新春!ロシアン ヒップ・ウォッシャー」
内村が選んだイスから熱湯が噴射。最後まで熱湯にあたり続けた運の悪い人がいた軍の負け。

第4回戦「新春!フライングラーメンキャッチ」
シーソーを使って麺を飛ばし、丼の中に入れられるかを競う。2人が協力して行い、より多く成功した軍の勝ち。

第5回戦「新春!人間大玉転がし」
代表2名のうち1人がボールの中に入り、もう1人が転がして競争する

第6回戦「新春!顔ソムリエ」
南原軍VS鶴瓶軍の両軍全員がアイマスクをして相手軍から選ばれた1名の顔を触り誰なのかを当てる競技。

第7回戦「軽トラ全員乗車」
軽トラックの運転席の中に、より早く全員乗り込めた軍の勝利。

最終対決「新春!大書き初めリレー」
代表5人が大きな筆を持ち、回転式の大型ローラーでバランスをとりながら、5画の漢字を1画ずつリレーして書き、タイムを競うゲーム。


本来は落語家であり、上方落語協会の副会長も務めている、すでに偉い立場となっているはずの鶴瓶なのに、「鶴瓶新年会」では若手芸人並みに体を張っていたな

特に第2回戦と最終対決の鶴瓶を見て、私もそう感じたわ。
 第2回戦では、10秒ピッタリとならなかったことから、スネ打ちマシーンと銘打った竹刀でまともにスネを直撃していたし、最終対決では、墨の入った墨壺を担当していた鶴瓶が、代表の選手たちが筆に墨壺の墨を付けていたものの、ローラーでバランスを崩して倒れるとき、鶴瓶の顔に墨がベッタリ付いていた場面があったからね。


最終対決では、本来であれば司会であるはずのウッチャンナンチャンの内村も、最終対決には参加していたな。
 思えば、大きな筆で鶴瓶の顔全体に墨がベッタリ付けていたのは内村のときだったように感じた。



「爆笑ヒットパレード!祝50年これを見れば日本の演芸すべてがわかるSP!!」


この番組は「初詣ヒットパレード」の延長戦と言ってもいい、ゴールデンタイムの時間帯で初めて放送された特別番組だったな

たしかにそう。
 しかも、放送時間が3時間と長かったわね。


オープニングで、ナイナイの岡村によると、あらかじめ視聴者に「爆笑ヒットパレード」の映像を募集していたとのこと。
「爆笑ヒットパレード」は生放送だから、フジテレビには映像が残っていないらしいのだ。
 その結果、第1回(1968年)~第7回(1977年)の初期のころの映像はなかったものの、第8回(1976年)からは存在していて、全部で42回分のVTRを集めることができたそうだ。


フジテレビのVTR管理に問題があると思うんだけど、本来こういう企画をやるのであれば、最低でも第1回分の放送だけは何がなんでもとっておくべきだったと思う。
 そうでなければ、「記念すべき初詣爆笑ヒットパレードの第1回は、1968年の元旦よりスタートしました」というナレーションがあっても、第1回のオープニング映像さえなかったら、なんだか締まらないものになってしまうからね。


でも、42回分の放送の中から選りすぐりの秘蔵映像が公開された、50周年を記念した3時間SPだっただけに、番組自体はなかなか面白かった。

特に過去のヘリ中継では、ドアが半分くらい開いた状態で、命綱をつけただけの、まさに命がけのヘリ中継だったそうね。
 当時ものまねタレントとして活躍していた片岡鶴太郎や、あの古舘伊知郎も乗っていたんだなと、映像を見てあらためて思った。


ヘリに乗っていたといえば、当時のフジテレビの福井謙二アナウンサーと、同じく当時大人気の「お天気おじさん」の故・福井敏雄さん0が一緒に乗っていた場面もあったな。

しかも、呼びかけがあるまで、お天気おじさんのほうの福井さんが寝ていた…(笑)。
 まさに、起こさなければいつまでも寝てそうな爆睡って感じで。


そのうえ、福井アナとお天気おじさんの福井さんは、偶然同じ苗字。
 まさに福井コンビ、もしくは福福コンビとも言えそうな2人だったな。


50周年の3時間SPの中で、VTR以外に面白かったのは、レジェンド漫才として披露されたザ・ぼんちの漫才。 
 かつてフジテレビの火曜ワイドスペシャルで放送されていた漫才の祭典「THE MANZAI」のころから知っていたけれど、あらためて「ザ・ぼんちってあんなに面白かったっけ?」と思ったくらい、久しぶりに涙を出して笑ったわ。


俺もそうだ。
 ぼんちおさむのおさむなんて、もう還暦を超え、昨年で65歳になったそうだけど、テンションの高さは、TBSの「ザ・ベストテン」にもベストテンにランクインしたことがあった「恋のぼんちシート」という曲を歌っていたころの漫才のときと変わっていなかったのがスゴイ。
 しかも、笑いには厳しいはずの俺自身も、ザ・ぼんちのレジェンド漫才には涙を出して笑ってしまった。


あと、こっちは涙を出して爆笑とはいかなかったけれど、ザ・ぼんちの後に披露した矢野・兵動による横山やすし・西川きよしの漫才を完全再現の企画もなかなか面白かったわね。

矢野・兵動のやすきよ漫才を見るまで、すでに亡くなった横山やすしの代わりは太平サブロー・シローのサブローしかいないと思っていた。
 実際、50周年SPのゲストにも登場していたきよしとも一緒に漫才をしていたこともあったからな。
 ところが、矢野扮するやすしについても、服装から、顔の付け眉毛、漫才でのやすし独特の仕草まで、なかなか様になっていたような気がした。


それについては、ステージのすぐそばで矢野・兵動の完全再現漫才を見ていたきよしも感じていたと思うわね。


と、大晦日の紅白から始まり、1月1日に印象に残った番組だけをカラオとカラコが語っただけでもこんなに長くなってしまいました!

したがいまして、1月2日と3日の内容については次の記事で書くことにしますね。

スポンサーサイト

2016年12月31日 23時31分48秒 更新

本日ついにSMAP解散の日を迎えました! 2017年からはSMAPから元SMAPになることに…

さあ、この記事を更新した12月31日で、ついにジャニーズの国民的アイドルグループであるSMAPの解散の日を迎えました!

グループとして歌うのはラストステージとなった「SMAP×SMAP」最終回の終了後、大晦日の「第67回NHK紅白歌合戦」のオファーも正式に辞退したことで、気になるのはSMAPの5人のメンバーは、SMAP解散の日となる大晦日にどう過ごすのかにの注目が集まっていました。

これについて、ネットでは、木村さんを除く、中居正広さん、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの4人で慰労会を開催する模様であると報じしていました。

けれども、これについては複数の関係者が強く否定しているとも言われています。

いずれにしても、せっかくのSMAP最後の日なんですから、できれば5人全員で慰労会という形で集まることで大晦日を過ごしてほしいと、いまとなっては思うのでした。

それにしても、来年2017年1月1日よりSMAPは元SMAPのメンバーとなることに。

文章にしただけでも寂しい感じがしますね。

年明けから早くも木村拓哉、草彅剛の主演ドラマが放送されることに!

2017年からは、SMAPのメンバーはSMAPの元メンバーとなり、個々で活動していくことになります。

そのメンバーの中で、木村さんと草彅さんについては、ソロになってもしばらくは安泰だなと思えたのでした。

なぜなら、まず木村さんは来年1月からTBSでスタートする新ドラマ「A LIFE~愛しき人~」で主演が決定。

難しい手術に立ち向かう外科医役で、ヒロインは女優の竹内結子さんとなるそうです。

草彅さんも、同じく来年1月からフジテレビでスタートする新ドラマ「嘘の戦争」で、幼いころに家族を殺され復讐を果たす天才詐欺師として主演を務めるということです。

「嘘の戦争」については、「スマスマ最終回」の番組内でのスポットCMとしても流れていましたね。

もちろん他のメンバーも、現在司会を務めている番組が2017年も続くのであれば、必要に応じて記事を更新していくつもりです。

なお12月31日を過ぎて以降は、私のブログのカテゴリにある「SMAPが出演のテレビ番組」を「SMAP&元SMAPのメンバーが出演のテレビ番組」のタイトルで変更の予定ですからね。


ということで、大晦日に更新であったことからこの記事が私のこのブログを開設してから初めて迎える今年最後の日でもあります。

みなさん、まだ開設してから半年もたっていない私のブログにアクセスして、記事をお読みいただき誠にありがとうございました!

来年2017年は、1月3日より記事始めの予定ですが、新年最初はカラオとカラコによる三が日のテレビ番組の中からいくつかピックアップして、辛口トークを交えた記事を書いてみたいと思っています。

それではみなさん、どうかよいお年をお迎えくださいね。

2016年12月31日 23時31分48秒 in その他・雑記
トラックバック (-) コメント (0)

2016年12月24日 15時58分21秒 更新

本日発売! シングル全63曲を収録! SMAP25周年記念映像作品のDVD&Blu-ray!

この記事は、あえて最後とは言わない 12月21日発売のSMAP25周年記念アルバム 12月28日にはDVD&Blu-rayも発売!の続きの内容となります。

あくまでも、私のブログの記事では最後とは表現しない、ということをお断りしたうえで、この記事を更新した12月28日に、SMAP25周年記念の映像作品がDVD&Blu-rayとしてついに発売されました!

デビュー曲から最新までのシングル63曲を映像作品として収録ということで、12月21日に発売され、全50曲を収録した「SMAP 25 YEARS」の3枚組のCDアルバムと同じくらい話題となっていたDVD&Blu-ray。

あらためまして収録曲と、映像として使用された媒体については次のようになっていました。

01.「Can’t Stop!! -LOVING-」
(デビューイベント西武園ゆうえんち 1991.9.8)
02.「正義の味方はあてにならない」
(プロモーションビデオ)
03.「心の鏡」
(オリジナル・ストーリー 心の鏡)
04.「負けるなBaby!~Never give up」
(Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR” 名古屋ドーム 2015.1.12)
05.「笑顔のゲンキ」
(Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR” 東京ドーム 2014.9.4)
06.「雪が降ってきた」
(SMAP WINTER CONCERT 1995~1996)
07.「ずっと忘れない」
(プロモーションビデオ)
08.「はじめての夏」
(プロモーションビデオ)
09.「君は君だよ」
(Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR” 京セラドーム大阪 2014.9.14)
10.「$10」
(DVD『SEXY SIX SHOW』)
11.「君色思い」
(DVD『SEXY SIX SHOW』)
12.「Hey Hey おおきに毎度あり」
(DVD『SEXY SIX SHOW』)
13.「オリジナル スマイル」
(プロモーションビデオ)
14.「がんばりましょう」
(JOHNNYS WORLD VISUAL RECORD 第5巻)
15.「たぶんオーライ」
(DVD『SMAP 007 MOVIES -Summer Minna Atsumare Party-』)
16.「KANSHAして」
(イメージビデオプロモーションEdit)
17.「しようよ」
(JOHNNYS WORLD VISUAL RECORD 第5巻)
18.「どんないいこと」
(プロモーションビデオ)
19.「俺たちに明日はある」
(SMAP WINTER CONCERT 1995~1996 未発表編集ver.)
20.「胸さわぎを頼むよ」
(プロモーションビデオ)
21.「はだかの王様~シブトク つよく~」
(プロモーションビデオ)
22.「青いイナズマ」
(プロモーションビデオ)
23.「SHAKE」
(プロモーションビデオ)
24.「ダイナマイト」
(プロモーションビデオ)
25.「セロリ」
(プロモーションビデオ)
26.「Peace!」
(プロモーションビデオ)
27.「夜空ノムコウ」
(プロモーションビデオ)
28.「たいせつ」
(DVD『LIVE BIRDMAN』)
29.「朝日を見に行こうよ」
(プロモーションビデオ)
30.「Fly」
(LIVE BIRDMAN VHS初回版特典映像『BIRDMAN in Fly』)
31.「Let It Be」
(DVD『LIVE Smap』)
32.「らいおんハート」
(プロモーションビデオ)
33.「Smac」
(プロモーションビデオ)
34.「freebird」
(プロモーションビデオ)
35.「世界に一つだけの花」
(DVD『LIVE MIJ』)
36.「友だちへ~Say What You Will~」
(プロモーションビデオ)
37.「BANG! BANG! バカンス!」
(プロモーションビデオ)
38.「Triangle」
(プロモーションビデオ)
39.「Dear WOMAN」
(プロモーションビデオ)
40.「ありがとう」
(プロモーションビデオ)
41.「弾丸ファイター」
(プロモーションビデオ)
42.「そのまま」
(プロモーションビデオ)
43.「White Message」
(DVD『SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour』)
44.「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」
(プロモーションビデオ)
45.「そっと きゅっと」
(プロモーションビデオ)
46.「スーパースター★」
(DVD『We are SMAP! 2010 CONCERT』)
47.「This is love」
(プロモーションビデオ)
48.「僕の半分」
(プロモーションビデオ)
49.「さかさまの空」
(プロモーションビデオ)
50.「Moment」
(プロモーションビデオ)
51.「Mistake!」
(プロモーションビデオ)
52.「Battery」
(プロモーションビデオ)
53.「Joy!!」
(プロモーションビデオ)
54.「シャレオツ」
(プロモーションビデオ)
55.「ハロー」
(プロモーションビデオ)
56.「Yes we are」
(プロモーションビデオ)
57.「ココカラ」
(プロモーションビデオ)
58.「Top Of The World」
(プロモーションビデオ)
59.「Amazing Discovery」
(プロモーションビデオ)
60.「華麗なる逆襲」
(プロモーションビデオ)
61.「ユーモアしちゃうよ」
(プロモーションビデオ)
62.「Otherside」
(プロモーションビデオ)
63.「愛が止まるまでは」
(プロモーションビデオ)


いやー、まさにSMAPの25周年記念における、シングル曲を映像にまとめた、圧巻とも言える豪華ラインナップの数々!

しかも、1996年に脱退した、かつてSMAPが6人組として活動していたころの元メンバーで、オートレーサーの森且行さんも映像化されているそうです。

これは、ファン必聴の25周年記念アルバムだけでなく、DVDとBlu-rayの映像作品集においてもファン必見となりそうですね!

このように、デビュー曲の「Can’t Stop!! -LOVING-」から「愛が止まる」まで、初商品化となるプロモーションビデオや、現在では入手困難な秘蔵映像など全63曲を、DVDでは3枚組。

Blu-rayでは2枚組に収められているということです。

下にご紹介のリンクでは、今回の記事でご紹介の、12月28日に発売されたSMAP25周年記念DVDとBlu-rayとなっていますが、いずれもなくなり次第終了となります。

Clip! Smap! コンプリートシングルス [ SMAP ]

Clip! Smap! コンプリートシングルス【Blu-ray】 [ SMAP ]

2016年12月24日 15時58分21秒 in その他・雑記
トラックバック (-) コメント (0)

2016年12月24日 00時10分13秒 更新

「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」は去年が最終回で終了に 「明石家サンタ」は今年も楽しみ♪

私のブログをお読みくださっているみなさん、メリークリスマス!

このブログを開設してから初めてのクリスマスを無事に迎えることができました!

「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」は去年が最終回で終了に

さて、今年のクリスマスは、テレビ番組にとって少し寂しいものとなりそうです。

なぜなら、今年の「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」の生放送がないことで、去年の2015年の放送が最終回で終了となったことです。

「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」は、1995年にスタートし、明石家さんまとSMAPのメンバーが芸能人による豪華ゲスト陣と毎年、テーマに沿ったトークや様々な企画を行なうことに。

番組の最後にはSMAPの生ライブでエンディングを迎えるのが恒例となっていました。

SMAPが年内の解散を決定したことで、「美女と野獣のクリスマス」の出演も難しいかもしれないなと思っていましたが、やっぱりでしたね…。

しかも、生放送であればなおさらでしょう。

本来であれば、もし「美女と野獣のクリスマス」が今年も放送されるとしたら、この記事を更新した今日12月24日の21時45分に放送の「エンタの神様&有吉の壁 クリスマスパーティーで盛り上がろう!」の時間帯になっていたことでしょうけどね。

「明石家サンタ」は今年も楽しみ♪

そのかわり、同じ生放送でも、12月25日の午前1時45分から2時間にわたって生放送される「明石家サンタの史上最大のプレゼントショー2016」と題して行なわれる「明石家サンタ」は今年も楽しみです。

実は「明石家サンタ」については、旧ブログでも2015年に初めてひとつの記事で更新したことがありました。

なので、できればこのブログでも2016年度の「明石家サンタ」について記事にしてみたいと考えています。

2016年12月24日 00時10分13秒 in SMAPが出演のテレビ番組
トラックバック (-) コメント (0)

2016年12月20日 14時53分24秒 更新

本日発売! SMAP25周年記念CDアルバム「SMAP 25 YEARS」

この記事は、あえて最後とは言わない 12月21日発売のSMAP25周年記念アルバム 12月28日にはDVD&Blu-rayも発売!の続きとなります。

さあ、今月12月を迎えたことで本格的に始まった、ジャニーズの国民的アイドルグループ「SMAP」の解散へのカウントダウン。

この記事を更新したのが12月21日なので、12月31日の解散まであと10日となりました!

そんな中、12月21日といえば、3枚組で発売されることでテレビで紹介され、話題となったSMAPの25周年記念(あえてこのブログでは最後とは表現していません)CDアルバム「SMAP 25 YEARS」 の発売日でもあります!

あらためまして、Disc1~Disc3のCD3枚組として収録の全50曲は次のようになっていました。

【Disc-1】
01. Can’t Stop!! -LOVING-
02. BEST FRIEND
03. 笑顔のゲンキ
04. 君は君だよ
05. どうしても君がいい
06. $10
07. 君色思い
08. オリジナル スマイル
09. がんばりましょう
10. 俺たちに明日はある
11. 青いイナズマ
12. SHAKE
13. ダイナマイト
14. 夜空ノムコウ
15. たいせつ
16. Five True Love
17. らいおんハート

【Disc-2】
01. オレンジ
02. freebird
03. FIVE RESPECT
04. 世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)
05. 僕は君を連れてゆく
06. SUMMER GATE
07. A Song For Your Love
08. 夏日憂歌
09. ススメ!
10. Song of X’smap
11. BANG! BANG! バカンス!
12. Dawn
13. Fine, Peace!
14. Triangle
15. Dear WOMAN

【Disc-3】
01. ありがとう
02. Simple
03. STAY
04. この瞬間(とき)、きっと夢じゃない
05. はじまりのうた
06. どうか届きますように
07. チョモランマの唄
08. さかさまの空
09. 手を繋ごう
10. gift
11. 前に!
12. CRAZY FIVE
13. Battery
14. Joy!!
15. シャレオツ
16. Amazing Discovery
17. ビートフルデイ
18. 華麗なる逆襲


このうち、気になったのが8曲目の「チョモランマの唄」という曲です。

なにしろ、SMAPのメンバーのうち草彅剛さんが歌っている以外は、過去にCD化されておらず、今回のアルバムで初CD化に。

2008年の「SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour」というライブで、「ジャンクション」といって、メンバーが着替える間の映像として流れていたことで、ファンの間で話題となった曲でもあったそうです。

ライブで流れた映像だっただけに、25周年記念アルバムについて数多く紹介されていたテレビの芸能ニュースでも、リクエスト投票50曲をメドレーで紹介していたテレビ局であっても、「チョモランマの唄」だけは映像も音源も用意できずにいました。

過去にSMAP×SMAPの番組でも、「チョモランマの唄」が「スマスマで観たい曲ランキング第2位」に選ばれたことで、歌手の木村カエラさんとのコラボでのワンコーラス分が放送された程度らしいですからね。

それだけに、テレビの芸能ニュースやネットニュースでも、「チョモランマの唄」はリクエストランキングの中でも異彩を放っている曲として紹介されていたのでした。

下にご紹介のリンクは、予約の段階ですでに終了していたと思っていた初回限定仕様ですが、注文が殺到していることから、なくなり次第終了となります。

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様) [ SMAP ]

12月28日には、SMAPの25周年記念における、シングル曲を映像にまとめた豪華ラインナップの数々を収録のDVD&Blu-rayも発売!

そして、SMAPの25周年記念における、シングル曲を映像にまとめた豪華ラインナップの数々を収録のDVD&Blu-rayも12月28日に発売されます!

しかも、1996年に脱退した、かつてSMAPが6人組として活動していたころの元メンバーで、オートレーサーの森且行さんも映像化されているそうですからね。

デビュー曲の「Can’t Stop!! -LOVING-」から「愛が止まる」まで、初商品化となるプロモーションビデオや、、現在では入手困難な秘蔵映像など全63曲を、DVDでは3枚組。

Blu-rayでは2枚組に収められるということです。

下にご紹介のリンクでは、12月28日に発売ということで、SMAP25周年記念DVDとBlu-rayの予約受付中となっていますが、いずれもなくなり次第終了となります。

Clip! Smap! コンプリートシングルス [ SMAP ]

Clip! Smap! コンプリートシングルス【Blu-ray】 [ SMAP ]

2016年12月20日 14時53分24秒 in その他・雑記
トラックバック (-) コメント (0)

プロフィール

テレビ好き

Author:テレビ好き
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


   
copyright (c) 今も昔もテレビ好き! all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。