今も昔もテレビ好き! 現在放送されているテレビ番組を中心に、時には昔放送されていたテレビ番組を振り返ってご紹介することもあるなど、私による独断と偏見でお送りしているブログです
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2016年12月17日 23時36分02秒 更新

カラオとカラコのテレビ辛口トーク 第5回 2016年「今年の漢字」について

みなさんもすでにご存じのように、今年2016年度の「今年の漢字」が12月12日(月)に発表されました。

「今年の漢字」は、全国に設置した応募箱やはがき、インターネットを通じて、11月1日~12月5日まで「今年の世相を表す漢字」とその理由を募集。

「新語・流行語大賞」のような審査員長ならびに審査委員はいなく、日本全国の国民からの投票により順位が決まるという、一般参加による毎年12月恒例のイベントでもあります。

今年も、11月1日(火)~12月5日(月)までの期間に、2016年の世相を表す漢字一字とその理由を、全国に設置した応募箱やはがき、インターネットを通じて、全国から募集した結果、15万3562票の応募が寄せられることに。

投票結果は、毎年12月12日の「漢字の日」に発表され、京都府京都市東山区の清水寺では、見事1位に輝いたその年の1年の世相を漢字一字で表すために、森清範貫主により巨大な和紙に漢字一字が揮毫されるのも恒例となっています。



上の画像にもありますように、今年もまた森清範貫主によって揮毫された、2016年の「今年の漢字」は「金」に決定!

投票総数6655票を集めての1位となったのでした!

では、2016年の「今年の漢字」が「金」に決定したことで、ここからは、カラオとカラコのお2人に第5回のテーマ2016年「今年の漢字」について辛口トークをくり広げていただくことにしましょう。


今年もまた、「今年の漢字が発表」されたね。

発表されるたびに、ネットでは「もう終わったら?」という声が絶えないけれど、今年もまたテレビのニュース等で発表されたみたいね。

「今年の漢字」については、毎年発表されるたびに、俺としては次のような川柳が思い浮かぶ。

「1年を 漢字1字は 無理がある」

 スポーツ、芸能、政治経済、事件事故、災禍厄難…etcと、1年のうちには日本だけでなく、世界中でもいろんな出来事が起きている。
 2016年も例外ではなく、世界のみならず日本においてもさまざまな分野においていろんなことがあった。
 そんないろいろあった1年を漢字一字で表現するのは、どう考えても無理があると思ってしまうんだよな。


まあ総合的に捉えればそうだと思う。
 でも、今年の漢字というのは、あくまでもその年の主な世相を一字で表現するものだからね。
 それに、テレビ好きさんが前の記事で1995年~2015年までの「今年の漢字」を振り返ってくれたことでもわかるように、漢字一字とはいえ、けっこうその年の世相を反映していたりする。


たしかにそうだな。
 1年の出来事を漢字一字で表現するのは無理があると思いつつも、過去の「今年の漢字」を振り返ってみると、けっこう漢字と世相とが当てはまっている点が多々あるからだ。
 それに「今年の漢字」は、「新語・流行語大賞」のように審査委員長や審査委員がいなく、一般投票によって選ばれているのだから透明性もあると言っていいだろう


たしかに、「新語・流行語大賞」に比べると「今年の漢字」は一般投票なので、選出方法において透明性が高いと言えそうね。

2016年の「今年の漢字」は「金」に決定!

記事の冒頭でテレビ好きさんがお知らせしていたように、2016年の「今年の漢字」は「金」に決定した。

「今年の漢字」というと毎年、貫主がで描くのが恒例となっているけれど、書かれた漢字一字が達筆すぎて、正直「金」には見えなかった。

俺もそうだ。
 それは「金」だけでなく、過去に「今年の漢字」で書かれた他の漢字一字の中にもあったりする。
 たとえば、貫主が過去に書いた漢字の中で、「さて、この文字はどんな漢字を書いたものでしょうか?」と、クイズにしてもいいくらいわからない漢字がありそうだ。


たしかに、今年の「金」を含め、過去の「今年の漢字」の漢字一字の中にはクイズにしてもよさそうなくらい、一見しただけではなんの字なのかわからない漢字とかもありそうね。

2016年の「今年の漢字」に「金」が選ばれた理由

話が横道にそれそうだから早速本題に入るけれど、今回の「今年の漢字」で「金」が選ばれた理由は次の通りとなっていたわ。

イチロー選手のメジャー通算3000本安打達成や、リオデジャネイロオリンピックで女子レスリングの伊調馨選手が4連覇を達成するなど、スポーツ界に新たな金字塔
マイナス金利初導入
アメリカ大統領選を制したドナルド・トランプ氏から連想される「金」髪
シンガーソングライター「ピコ太郎」の「PPAP」の曲で着用していた金色衣装が、曲とともに注目が集まる


イチロー選手のメジャー通算3000本安打達成は、まさにスポーツ界における日本選手としての新たな金字塔と言えそうだな。
 リオデジャネイロオリンピックで、女子レスリングの伊調馨選手が見事4連覇を達成したことは、今回リオで12個の金メダルを獲得した日本代表選手の中でもいちばん輝いていたと思う。


マイナス金利の導入は、1月29日に日本銀行がマイナス金利対策の導入を決定したもの。
 日本初となる、イメージとしてはあまりよくない意味での「金」でもあったわね。
 実際は、景気をよくするための景気刺激策なので「うまくいけば景気がよくなるよ」という政策でもあるそうなんだけど。


考えてみれば、2008年、2012年の「今年の漢字」は「金」だった。
 いわば、夏期にしろ冬季にしろ、オリンピックが開催された年には「金」の漢字が選ばれる傾向になってきたわけだ。


オリンピックが開催されるたびに「今年の漢字」で「金」が今回を含め3回も1位になったとなると、もうちょっと他の字はないのか? とも思っちゃうわよね。
 かといって、3回1位になったから「金」を殿堂入りさせろというのは「今年の漢字」として無理っぽい考えでもありそう。


次にドナルド・トランプについては、現時点ではアメリカの次期大統領だけど、大統領として当選したときは、トランプの暴言ともいえる発言以外に、あの金髪の髪型が大いに話題となった。
 アメリカの出来事ではあるけれど、「今年の漢字」で「金」が選ばれた理由としてトランプの「金」髪が挙げられたのは、日本にとってもかなり話題となった出来事とも言えそうだ。


もうひとつのピコ太郎については、この前、アメリカのYouTubeで世界第2位となったスゴイ記録を樹立。
 ピコ太郎が「PPAP」というタイトルの曲の動画で披露していた歌とダンスのときに着用の金色の衣装も、そういえばピコ太郎自身を象徴するものでもあったわね。


2016年の「今年の漢字」 2位~10位までのランキング

1位についてはすでに発表したが、それ以下の2位~10位についてもあったらしいから、まずは一覧で見てみよう。

2位「選」 6655票
3位「変」 4723票
4位「震」 4607票
5位「驚」 3746票
6位「米」 3616票
7位「輪」 3327票
8位「不」 3171票
9位「倫」 2769票
10位「乱」 2542票


この中からいくつかピックアップしてみると、今年は芸能界や政治家でも不倫が問題となっていたことから、8位の「不」と9位の「倫」はベスト10内にランクインしたことについてよくわかる気がする。

でも、「今年の漢字」って、投票した人誰もが。この漢字が「今年の漢字」として1位に選ばれると思って投票していると思うの。
 もしそうだとしたら、もし「今年の漢字」で「不」が1位に選ばれてしまうと、「1年のうち世相を表す漢字が『不』とは…」ということで、何か悲しいものがあったかもしれないわね。


たとえ「不」が1位になったとしても、世相を表す漢字として選ばれた理由について、不倫以外に最低でも3つくらいは欲しいところだ。

2位の「選」については、なんといっても東京都新知事に小池百合子さんが選ばれ、初の女性都知事が誕生したことが大きかったわよね。

熊本県に住んでいる方々にとっては4位の「震」が1位になることを望んでいたことだろうな。
 なにしろ「熊本地震」として、4月14日に発生したマグニチュード6.5の大きな地震が前震で、16日に発生したマグニチュード7.3の地震が本震だったという信じられない出来事が起こったからだ。
 しかも熊本のみならず、


 1月11日 青森県三八上北地方でマグニチュード4.5の地震
 1月14日 北海道浦河沖でマグニチュード6.7の地震
 6月16日 北海道南部の内浦湾付近を震源とする地震
 10月21日 鳥取県中部を震源とするマグニチュード6.6の地震
 11月22日 東日本大震災の余震が発生(マグニチュード7.4)


といったように、記憶に残っているだけで日本各地でこれだけの大きな地震が発生していた。

熊本地震が、今年発生した大きな地震として印象に残っているけれど、こうして見ると、けっこう日本各地で大きな地震が発生していたのね。
スポンサーサイト



コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

テレビ好き

Author:テレビ好き
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


    
copyright (c) 今も昔もテレビ好き! all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。