今も昔もテレビ好き! 現在放送されているテレビ番組を中心に、時には昔放送されていたテレビ番組を振り返ってご紹介することもあるなど、私による独断と偏見でお送りしているブログです
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2016年09月21日 23時10分52秒 更新

1年半ぶりに復活! 「2016年渡る世間は鬼ばかり2時間スペシャル」前篇・後篇

2016年9月18日(日)と9月19日(月)の2日にわたって、橋田壽賀子ドラマ「2016年渡る世間は鬼ばかり」の前篇と後篇が約1年半ぶりに、午後21時より2時間スペシャルで放送されました。

「渡る世間は鬼はかり」の、記念すべき第1シリーズがスタートしたのは、1990年10月11日~1991年9月26日まで(全48回)。

1年間かけて放送されることから、いつしか大河ホームドラマと呼ばれるようになりました。

2010年に最終シリーズとなった第10シリーズが放送されたのが、2010年10月4日~2011年9月29日(全47回)だったそうですから、これだけでもかなりの長寿ドラマと言えそうです。

最終シリーズ終了後も、

2012年9月17日・9月24日
ただいま!!2週連続スペシャル 前篇・後篇

2013年5月27日・6月3日
2013年2時間スペシャル 前篇・後篇

2015年2月26日・2月23日
2015年2時間スペシャル 前篇・後篇


と、2014年を除き、定期的に渡鬼2時間スペシャルが放送されていました。

そして、2016年の2時間スペシャルが前篇・後篇が、9月18日と9月19日の2日にわたって放送されたのでした。

あらためて切なさを感じる 2代目岡倉大吉を演じていた宇津井健の死去により、渡鬼でも大吉が病気で亡くなった設定に…

かつては渡鬼の主人公でもあり、岡倉家でお食事処「おかくら」を営んでいた岡倉大吉。

しかし、2015年の渡鬼2時間スペシャル前篇・後篇では病気で亡くなったという設定に!

なにしろ、岡倉大吉の初代である故・藤岡琢也さんから始まり、2代目を務めていた宇津井健さんも、2014年3月14日に呼吸不全のためにお亡くなりになっています。

そのため、2015年の渡鬼2時間スペシャル前篇・後篇で、大吉は心筋梗塞で亡くなったとなっていました。

あらかじめそのことは知っていたけれど、2016年の2時間スペシャルで大吉がいないと、あらためて切ないものを感じますね…。

考えてみれば、もしシリーズだったら岡倉大吉の3代目となる代役の俳優をを立ててもよかったはずです。

けれど2時間スペシャルであれば、来年もあるかどうかわからないため、大吉が亡くなった設定にしたのも止むを得ないと言えるでしょうね。

そういえば、大吉の妻である岡倉節子役を演じていた故・山岡久乃さんも、お亡くなりになった後にスタートした渡鬼第4シリーズで、ニューヨーク旅行中に現地で亡くなったという設定になっていました。

最初は眞が結婚することで終わると思っていた渡鬼

ところで渡鬼というと、シリーズはもちろん、シリーズ終了後も2時間スペシャルが放送されるといったように、あまりにも長く続いているので、一体何がきっかけで終わるのかについて気になったことはありませんでしたか?

私は一度それを考えたことがあります。

考えた結果、小島家の長男である眞(しん・えなりかずき)が結婚するときではないかと予想したのでした。

その後、最終シリーズで眞は貴子さんと結婚しました。

最終シリーズということもあり、私としてはこれで渡鬼もてっきり終わりかと思っていました。

ところが、最終シリーズ終了後も、2時間スペシャルの前篇と後篇とで、まだしぶとく続いているではありませんか!

いや、別に私は渡鬼が終わってほしいわけではありませんよ。

それどころか、今後も続いてほしいと思うくらいです。

眞の結婚についても、貴子の父の道隆が脳梗塞で倒れ、2人で中国から戻ってきたこと。

眞は貴子と縒りを戻すことにしますが、貴子は今でも眞に好意を抱いているものの、病気の父親を抱える自分が眞の重荷であったなど、結婚前からいろいろありましたからね。

なので、結婚したら結婚したで、病気である貴子の父親のことも含め、結婚後に生じるいろいろなもめごとや問題がありそうだなということで、最終シリーズが終了しても、結婚後の2人の生活について、できれば続きを見てみたいと思っていたのでした。

渡鬼が終わるとき 橋田壽賀子がこの世を去るときか? ピン子が病気で降板か?

2016年9月18日(日)と9月19日(月)の2日にわたって放送された、「渡る世間は鬼ばかり」の前篇と後篇を見て、あぁ、これはまだ渡鬼が2時間スペシャルとして続きそうだな~と思いました。

具体的には、

・貴子が妊娠したことで、出産後、子育でとなるとまたいろいろありそうなこと。

・岡倉の三女の文子が再々婚した、夫である亨(とおる・三田村邦彦)と再び別れたこと。

・岡倉の五女であり、本間家の嫁でもある長子が、夫の英作(植草克秀)のそばにいたいということで、話し合いの末、店を娘の日向子(ひなこ・大谷玲凪)に任せて「おかくら」から引越し、英作が営む、出張による在宅看護の診療所へと移ることに。
 しかし、夫も看護師も帰りが遅いことが多く、深夜3時ごろに突然かかってくた電話にも満足に対応できないなど、電話番もままならないこと。
 英作も、長子に起こされるまでは午後15時まで寝ていたことや、診療所の生活自体が不規則であるため早くも居づらさを感じ、「なんのために英作のところに来たのか?」と、早くも不満を持っているように見えたこと…etc


25年ぶりに店が改装され、中華料理屋のようになってオープンした「幸楽」の後も、いろいろありそうですね。

ただ、ここまで渡鬼が続いているとなると、いつ渡鬼自体が終わりになるかということに私の興味が向いてきます。

なにしろ、橋田さんは1925年5月10日生まれだそうですから、今年の5月でなんと91歳!

90代ともなれば、いつあの世に召されてもおかしくはない年代でもあります。

それか、渡鬼が終了するもうひとつの可能性として、小島五月役を演じる泉ピン子さんが降板するかどちらかではないかと思っています。

五月役のピン子さんも、今回の2時間スペシャルで顔の小刻みな震えが見られたこと。

もしかすると病気を理由に降板し、渡鬼が終了ということも考えられますからね。

いつもの2時間スペシャルのエンディング曲かと思いきや、なぜか天童よしみの歌が

あと、渡鬼の2時間スペシャルのエンディングテーマ曲では、おなじみのスタッフロールが流れる中、これも恒例のオープニングテーマをアレンジした、いつも聞き慣れているエンディング曲というのが流れています。

これを聞くたび、「今年の渡鬼2時間スペシャルも終わりかぁ~。次はいつになるんだろうなぁ~」と、ちょっとした渡鬼ロスに陥ったりします。

ところが、今回の2時間スペシャルでは、前篇はもちろん、後篇でもテーマ曲に歌詞が入った歌が流れていたではありませんか!

しかも歌っていたのは、有名演歌歌手の天童よしみさんでした!

なぜここに来て、突然の歌入りエンディング曲に!?

最初耳にしたときは相当戸惑いましたし、ネット上でも「歌!!!!」といった感じで驚きを表現していたのでした。

歌の長さとしては8小節くらいだったので短かったものの、それでもネット上で話題となるのはさすが有名演歌歌手。

なお、天童さんのブログによりますと、エンディング曲のレコーディングを行なった録音スタジオには、プロデューサーの石井ふく子さんもおいでになったということでした。
スポンサーサイト



コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

  BLOGTOP  
プロフィール

テレビ好き

Author:テレビ好き
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


    
copyright (c) 今も昔もテレビ好き! all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。